◆ 広告予算はドブに捨てるためのものではありません。    例えば、検索エンジン広告などからのクリックで、今スグ買う人ばかりを追い求めていたとします。  あなたのネット広告経由からの、WEBサイトのアクセスログ […]" />

ネット広告をクリックして、どれだけの人が今スグ、買いますか?

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

 

◆ 広告予算はドブに捨てるためのものではありません。

 

 例えば、検索エンジン広告などからのクリックで、今スグ買う人ばかりを追い求めていたとします。

 あなたのネット広告経由からの、WEBサイトのアクセスログを分析してみてください。

 まず、90%以上の人がその場で買わずに5~10秒以内に去っていっていないでしょうか?

 インターネットでの顧客心理は移り気です。私もそうですが、必ずと言っていいほど、すぐに比較検討します。

 いくつもの競合他社を見て回るのは常です。あなたもそうではないでしょうか?

 

 少しでもお得に、少しでも対応の良さそうなところから、少しでも印象の良い所から・・・。

 そうでないと損したな、と思ってしまう・・・そんな気持ちです。今や当たり前ですよね。

 

 ならば、いきなり、あなたのWEBサイトから注文や申し込みをする強い理由がない限り、

 スグにでも去って行ってしまうというのは想像に難くないと思います。

 

 あなたのWEBサイトに、他よりとっても魅力的なオファーがあったり、

 惹きつける何かがあれば別ですが、そうでもなければ・・・(泣)

 どこかに行ってしまって、そうそう戻ってきてくれはしません。

 

 もし、せっかく来てくれたアクセスは他社に流れるための興味付けになってしまっていたとしたら、

 とても悲しいどころではなく、ビジネスとしての損失に他なりません。

 だからといって、どこよりも安い価格、値下げ競争だけで釘付けにしようとしますか?

 それだけでは、値下げのスパイラルに入るばかりで、いつまでも利益率が上がりません。

 

 それが興味付けのための利益度外視の商品(フロントエンド)ならまだしもですが。

 フロントエンド商品でもスグに購入してくれたら、他社に流れる前にお客様の情報が得られます。

 さらに、無料の小冊子やモニターという切り口なら、もっと敷居が低く集められます。

 確かに、これではスグに利益にはなりません。それなりの先行投資になります。

 

 ですが、この戦法できっちりと見込み客をファン化させていく段階的アプローチをしたならば、

 ある一定の確率で、その見込み客は優良見込み客へと成長させることが出来ます。

 さらに、リピート率や継続率、顧客単価の高い優良顧客に成長させていった先の、

 そのお客様が御社にとってどれだけの生涯価値になるか、計り知れません。

 

 目先だけを追い求めていたら、いつまでも目先だけを追い求めるラットレースにハマってしまうでしょう。

 そんなことになってしまわないよう、上記の視点と実践は忘れずに続けていただきたいと思います。

 

◆ 一度にたくさんの商品・サービスを載せるより効果的な方法

 

 いきなり商品やサービスを売りつけようとするより、興味がある人を集めることだけに特化する、

 このほうが見込み客の心理的な壁をスムーズにクリアにしていきやすくなります。

 極端な言い方ですが、いきなり、断崖絶壁の壁を登れる人は、そうそういません。

 登りやすく作られた階段ならば、多くの方が登れます。階段ではなく、スロープなら、もっと多くの方が登れます。

 

image24 まず、そのためにどう考えるかです。

 見込み客の差し迫った必要性(ニーズ)抑えきれない欲求(ウォンツ)を掘り起こしたほうが、結果として費用対効果が上がる、ということを、強く意識してみてください。

 「ニーズとウォンツ」です。

 

 具体的には、その商品・サービスが何故、必要なのか、取り入れることで、どのような喜びを得られるのか、を教育するツールを使います。

 

 一例として、小冊子のような資料として制作・プレゼントするという方法があります。

 「小冊子作戦が、なぜ効果的なのかピンと来ない」という方は、以下の過去記事(弊社の別サイト)も参考にしてください。

 以下記事については、ベタベタの基本中の基本だと思います。何一つ斬新ではありません。

 しかし、そのベタな基本が大切なのです。

 『販促に小冊子を使うことの効果効用』(新しいウィンドウで開きます)

 

 このほうが、顧客感情に浸透させやすくなっていきますが、どのような内容・書き方でも良いというわけではありません。

 その小冊子自体が魅力的でなければ、ワザワザ、個人情報を少しでも知らせてまで欲しいとも思われません。

 手にとってすらもらえないものでは意味がなくなってしまいます。

 競争を生き抜いていくには競合他社より抜きん出る必要があります。

 つまり、抜きん出るための考え方と作り方をしなければなりません。

 

 

◆ 表現の仕方次第で天と地の差

 

 「そのような話は聴いたことや読んだことも見たこともあるし、ウチも自社でしてみました」

 「2ステップマーケティングですよね

 「だけど、イマイチ、上手く行かなかったというか期待する効果が出なかったんです・・・」

 こう感じておられる方もおられると思います。

 

 これは、ただやってみれば良いというわけには行かないところです。案外、深いところがあります。

 当社は16年以上も、売れるための広告支援として、リーズナブルにコンサルティング制作を実施してまいりました。

 

 そして、当サービスでは広告主会員様向けに無料相談(完全予約制)も受け付けております。

 また、会員価格でのツール制作代行も実施しております。

 どうするかは別にして、前向きなお気持ちがおありの方は、お気軽にご相談ください。

 会員種別により受付回数などが違いますので、詳しくはコチラをご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る