震災から5年、子どもたちが再び作文を綴った 「つなみ 5年後の子どもたちの作文集」   電子版を2月26日(金)に発売!

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、臨時増刊号『つなみ 5年後の子どもたちの作文集』の電子版を2月26日(金曜日)に発売いたします。

 2011年3月11日の東日本大震災の直後、ジャーナリストの森健氏は、被災地に向かい、避難所などにいた子どもたちに作文を書いてもらうようにお願いして回りました。その作文は同年6月『つなみ 被災地のこども80人の作文集』として刊行、翌12年には、福島の子ども30人の作文も加え…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る