<お花見に関する意識調査> おすすめの花見スポットは、それぞれの心の中に…お花見=“酒宴”は少数派…散歩や観賞スタイルで花見も健康的に ~それでも、やっぱり欠かせないのは「ビール」!防寒・花粉症対策もしっかりと~ 

 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上 正勝)は、消費財にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第33号として、お花見に関する意識調査の結果をご紹介します。

■「桜」と言えば「お花見」のイメージは高齢層ほど強く、若年層では減る傾向
 春一番も吹き、春の訪れを予感させるこのごろです。少し気が早いかもしれませんが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る