進行性固形がん患者において「FF-21101」の抗体が がん組織に集積することを画像診断により確認

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、進行性固形がん患者に対する抗がん剤「FF-21101」の米国第I相試験において、投与された患者で「FF-21101」の抗体ががん組織に集積することが画像診断により確認できたことを、お知らせいたします。これにより、抗体に結合させた放射性同位元素(RI)から放出される放射線で患部を治療することが期待されます。今後も引き続き臨床試験を進め、「FF-21101」の薬剤評価を行っていきます…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る