つまらないチラシを手直しするときに、よーく考えよ。

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

 
つまらないチラシを手直しするときに、よーく考えよ。

まず考え方としては、
 よくよく ”○○○の意識” になってください。
———————

「○○○」:読み手
 つまり、ターゲットです。

当たり前ですが、実は繊細なところです。
これで紙一重の違いが出ます。
紙一重の違いは、大きな違いに直結しています。

正比例します。

甘く見ると、とんでもない、
独りよがりなチラシになりますので、
ご注意ください。

当たり前のことこそ、奥が深いとは、よく言ったものです。
とことん刷り込ませても、マダ足りません。

仮に商品に、認知度があって、
よく知られているとします。

商品のことは概ね知っている相手でも、
チラシを手にした瞬間、
その意識は、どうですか?

それまでは商品のことなど考えてない、
そのような方が殆どではないですか?

買う予定のない商品のことより、
目先の仕事や用事、
または差し迫った問題のことを考えますよね。

これは確かに「当然」です。
ですが「仕方ない。」では、
効果的なDMなど、夢のまた夢となります。

近いうちに買う予定もない
その商品のことを、
たまたまドンピシャで考えている人に
出会えるほうが怖いぐらいですよね。

それは、とてつともないラッキーであって、
滅多にないと考えたほうが賢明ですね。

ラッキーを前提にしていたら泣きをみてしまいます。
また元々、認知度がある商材だからと、
それに依存しては、差別化など夢のまた夢です。

想像してみてください。

見込み客がチラシを手にするときは、
多くが、目先の仕事や何かしらの用事、
があるときではないでしょうか?

そんなときの第一印象は
「忙しい。わずらわしい。」ではないでしょうか?

認知度のある商品を知っているからといって、
特別な方の紹介でもない、
初対面のアプローチを元に、
スグに思考が変換しますか?

スグに聴く耳(読む目)になりますか?

多少は変わるでしょう。
しかし、多少ではブレーキが多いのです。

頭で考える前に感情が働きますよね。
ここでは思考より感情についての説明は割愛します。

要はメンタルブレーキを外すことです。
必要性だけではなく、欲求も引き上げることです。

欲求を引き上げるには、
相手の気持ちを考えなければなりません。

では、相手は普段、どんな精神状態なのでしょう?
(後日に続く)

LLC実践マーケティングセンター
ビジネスプラットホーム会議

google_encoding = ‘euc-jp'<script type="text

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る