商材選びに潜む・・落とし穴・・とは??

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

 
冷たいようですが、商材が弱いと、
何をどうしても売れません。

弊社でも、事前にそこを見極めたうえで、
ご依頼を受けるかどうかを決めています。

良い経営者の元には良い商材が集まりやすいのですが、
そうでない場合は、あれもこれもと、
わけのわからない状態で話をされることもあります。

まずは、商材・サービスがどのようなものか。
仮に弱いなら、強化できるものなのかどうか、です。

次に、商材の性質を把握することが大切です。

『今更、何を言っているのだ・・』と、
お叱りのお言葉を頂くかもしれません。

ですが、まずは、
あなたにご確認させて頂きたいことがあります。

経営者・もしくは経営者資質をお持ちであるである、
あなたは本来、専門用語の勉強をしたくて、
そのご商売を開始なさったわけでは訳ではないと思います。

基本的には、商材の将来性・優位性、
または惚れ込んでのお取り扱いではないでしょうか??

現代の時代の流れと変化は、
かつてないスピードで各業界を襲っており、
その勢いは留まることを知りません。

そこで、まずは商材の性質を、
少し洗いなおしてみたいと思います。

言葉の意味を知るのではなく、
何が大切で何が基本なのか、

そこを明らかにし、
商材の原理原則を洗い出す必要があります。

~原理原則とは、

「物事に照らして、それを行っていれば、
 大きな間違いがないこと。」を言うようです。~

■ それでは商材の原理原則とは…
 
1.ユーザーのニーズがあること
  ⇒ 極当たり前ですね?

2.ユーザーの認知度が高いこと
  ⇒ 新商品はすぐには売れません。
    少し認知されてからの方が、実は売れ行きが好調です。

3.市場性があること
  ⇒ 市場が狭ければ、いくらいい商材でも売るのは困難。
    例)コンビ二・畳屋 などなど・・・

4.将来性があること
  ⇒ 衰退していく産業で、
    いくら努力をしても、全く報われないのが現実・・・。

5.ビジョンがあること
  ⇒ その商材について、
    もしくは産業についてのビジョンが無ければ、
    その商売は、即・衰退する

・・・また、明日に続きを書きます。
【売れる広告】

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る