読者を集める方法

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

 

■ はじめに

 基本的に、有料の広告サービスを使う方法を説明します。

 オーソドックスな手法です。

 投資だと思ってください。たしかに、ある程度、お金はかかります。

 その分、時間が短縮でき、次のステッフに入るのが速くなります。

 どのようなスピードで読者を集め、どのくらいのコストと労力をかけるかは、あなた次第です。

 無料で、労力も少なくというのは、限界があります。

 

■ SEM

 いわずとしれた、検索エンジン連動型広告のことです。

 Yahoo!やGoogleの検索結果に出る広告のことですね。

 これらに出稿して、読者募集ページに誘導します。

 質の高い読者が集まりやすいといえます。

 

■ メールマガジンに出稿

 ターゲットに近い読者がいるメールマガジンに広告を出稿します。

 まぐまぐなどで、まずは出向先のメールマガジンをいくつか絞り込み、発行者に連絡して広告掲載を依頼するとよいでしょう。

 これも、自分で登録するので、とても質の高い読者が集まります。

 

■ 無料レポートスタンドの広告サービスを使う

 無料レポートダウンロード時の、広告主枠に入れてもらうサービスです。

 様々な無料サポートスタンドで扱っています。いくつか比較検討して選ぶと良いでしょう。

 レポートのジャンルなどに絞って、広告主になるサービスもあります。

 比較するポイントは、価格だけではありません。

 納品のスピードや名前が入るかなどが重要です。

 集まってから、一括で読者リストを渡される場合は、登録と配信の時間が開き過ぎ配信許諾の記憶がなくなるので、あまりよろしくありません。

 配信許諾をとったものが、リアルタイムで自分のマガジンの読者データに自動的に入るのが望ましいです。

 

※ 禁止事項

 以下は、絶対やってはいけません。

 どのように集めたかわからないような読者集めサービスに申し込んだり、読者アドレスそのものをデータとして購入するような行為は、絶対にしないでください。

 場合によっては法律違反ですし、罰則も受けるかもしれません。

 とくに読者集めサービスは、変に安くてグレーなサービスも多々あります。

 弊社として考えるのは、そういったサービスには申し込みしないほうがいいということです。

 配信の許諾をした記憶のない読者が、配信スタンドなどにクレームを言えば、アカウント停止にもなりますし、警察や総務省に言えば、調査、処罰の対象にもなってしまうかもしれません。

 有料広告は、先に紹介した

  • SEM

  • メルマガの有料広告

  • 無料レポートスタンドの有料広告

くらいまでが実際に使えるところです。

 実際は、「配信許諾をしたか」よりも、読者が「配信許諾の記憶があるか」が大事です。

 記憶がない人がクレームを言ったりします。

 ですので、購読登録してもらったら、すぐに配信を始めるようにしましょう。
 

 広告を出して、読者集めをするならば、肝心のメールマガジンをちゃんとしておかなければなりません。

 ステップメールなどを用意しておいて、読者になってくれた翌日から、それなりのコンテンツを配信するのが、読者への信頼感も与えて、うまくいく常道です。

 

ご興味のおありの方は、こちらをご覧ください。

高い到達率のステップメール配信


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る