基本の型を使ってみましょう。

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

高い到達率のステップメール配信

■ 基本の型を使ってみましょう。

 より見込み客に訴求するため、先人が考えたノウハウがありますので、まずはそれを使うことを覚えましょう。

 「型にはまって」から、熟達してから、「型を破って」ください。

 

■ 最初の型は、「AIDMA」です。

Attention(注意)

Interest(関心)

Desire(欲求)

Memory(記憶)

Action(行動)

という流れでセールスする型のことです。

あくまで例えばですが、以下の様なイメージです。



「ちょっと、ちょっと、奥さん、すごいわよ!(注意を引く)

こんなワンピースが4割引ですって! しかも今年の流行色よ!(関心を持たせる)

素敵な奥様に、旦那様もうっとりされるわよ!(欲求の喚起)

素敵、素敵、素敵な奥様に、素敵、素敵、素敵なワンピース!(記憶を促す)

あと、50着で売り切れですよ!(購買の喚起)」

 

まあ、これは、あくまでサンプルイメージです。

 

Attention(注意) で、まずは、立ち止まらせるのです。

「●●さん!」とか、「●●に関心のある人!」などと言って呼び止めてもいいですね。


Interest(関心)で、聞く気に、読む気にさせるメリットを感じさせるのです。

ここは、具体的にメリットを語るのがいいでしょう。
その人の立場に立って、それがメリットになることを語りましょう。
自分にメリットではないですよ。


Desire(欲求)で、「あったらいいなあ」「ほしい」と感じさせるのです。

それを買ったら(ここでは読者登録したら)、どんな未来があるかを
語るといいでしょう。


Memory(記憶)で、その商品、サービスの名前などを覚えさせます。

これは、一度、離れてしまっても、再び来てくれるために使います。
また、その製品やサービスのユニークさを特徴づけるのにも使います。


Action(行動)で、申し込みの説明をします。

ここは、「先着●●名まで」「月末まで」などのように限定感を出したり、
特典、プレゼントを上げるなどして、コンバージョンを上げることができます。

このような形式でアプローチページを作ります。


つまり、人の購買の感情や行動を時間順に整理しただけですが、

このような普通の流れを遮断してしまいますと、

いきなり物事がうまく行かなくなりますのでご注意ください

ですので、この型をちゃんと意識するのは有効と思います。

人の気持ちと行動の流れを汲み取ってアプローチを考えてください。

 


ご興味のおありの方は、こちらをご覧ください。

高い到達率のステップメール配信


 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る