「酒は呑んでも呑まれるな」とは、よく言いますが・・・

 
「酒は呑んでも呑まれるな」とは、よく言いますが、
あまりに酔わないのも自身だけではなく、
お相手も面白くなくかえって気を使わせますね。

せっかくですから、良い加減で酔うことも大切だと思います。

上座下座やお酒の注ぎ方などマナーは大事ですが、
そればかりに囚われるのも楽しさを半減させるので、
マナーを踏まえつつ臨機応変さが大切です。

目上の人と乾杯するときはグラスを下にする、
先に箸をつけない等のマナーは当然知っているべきですし、
知らないのなら論外ですから学んでください。

だからといって間違っても、
おもてなししている自分に酔わないように…。

ご自身で手尺するのが良いという人は、
そうさせてあげましょう。

私は起業して10年になりましたが、
どこぞのセールスマンかと思わせるような接待態度を、
すぐに得意気にだす起業家をたまに見かけると
「センスがないな」と感じます。

それと有意義な場にするためには、
自分も楽しみつつお相手のことを気持ちよく
理解するための質問

…リサーチと考えると堅くなりますが、

質問と共感のキャッチボールを繰り返すと、
時間を忘れて盛り上がると思います。

共感も、ただ合いの手を入れるという野暮ではなく、
自分の経験や意見を述べつつ、
さりげなく共感を示すなど、
個々人の工夫が欲しいものです。

ただし、愚痴の言いあいにはならないように。

起業家は本来、特に孤独なものです。
その前提は忘れずに。

「仕事関係と呑むのは控える」という人もいますが、
私は意識的に仕事の関係者と呑むようにしています。

それでしらふでは見えなかった一面が見えるのですし、
見せられる。

「一期一会」というのは、何も初対面の方だけではなく、
複数回、お会いしている人に対しても、
会う度、その一瞬一瞬が一期一会です。

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る