Facebook広告の落とし穴をご存知ですか??

フェイスブック集客

フェイスブック集客

 

Facebookを使っての集客に関心はありますか??

 

 今、流行りの真っ只中にあるFacebook。

 2012年10月5日にはユーザーが10億人を突破。

 日本でも1000万人以上が使用していると言われます。

 今やmixiを完全に凌駕して、日本でもナンバーワンのSNSとなっております。

 世の中には寝ても覚めてもFacebookというFacebook中毒の方までいると聞きます。

 この凄いSNSを新しい集客媒体として試してみたくなるのも当然です。

 

 ところが・・・です。

 試しにFacebook上の有名人や、多くの「いいね!」を集めている方のマネをして投稿しても、思ったほど「いいね!」が集まらないことが分かります。

 当然、商品やサービスが売れることもありません。


 それでもほとんどの方は「何事も継続が大事」と、何ヶ月も具体的な成果のないまま頑張っている、という状況にあります。

 

なぜ、Facebook広告を使っても成果が出せないのでしょうか?

 

  • 新規顧客を獲得して売上アップに繋げたい。 
     
  • メールマガジンの購読者を増やしたい。 
     
  • 個人や会社、事務所、営業所、店舗をブランディングしたい。 
     
  • 新しい広告媒体として関心がある。

 

 といったことに興味があるなら、『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』は、とてもに役に立つ書籍になるかもしれません。

 同書籍にはFacebook広告を使って、売上アップや新規顧客を獲得するためのFacebook集客の新戦略が書かれております。

 ですが、その前に以下をご一読ください。

 

あなたは知っていましたか? Facebook広告における向き不向き

 GoogleやYahooのPPC広告に向いているビジネスと向かないビジネスがあるように、Facebook広告にも向いているビジネスと向かないビジネスがあります。

 そして、Facebook広告に向くビジネスはGoogleやYahooのそれとは、ちょっと違います。

 では、どんなビジネスがFacebook広告に向いているのか?

 それは、主に以下の4つです。


1)商品が独創的である

 Facebookは、一般的に予測できるような価格の商品を売るような場所ではありません。

 とにかく一風変わった、ユニークで目を引く商品であることが鉄則です。

 

2)個人客に販売している

 Facebookは個人間のつながりを持つ場所です。

 ですので、見込客となる企業規模が大きくなればなるほど、Facebookで売り込むのは難しくなります。

 

3)楽しめる商品を販売している

 Facebookは、みんながつながり、遊び、交流する場所です。

 ですので、イベント・会員権・体験もの・自己啓発・旅行・娯楽など・・・、楽しめる商品やその人の個性にアピールできる商品ならば、Facebookにはもってこいです。

 

4)その人らしさと共感し合える

 ユーザーの考え方や、信念、信条など、その人らしらとあなたが共感し合えるなら、Facebookに向いていると言えるでしょう。

 彼らに「いいな!」ボタンを押してもらうことで、あなたの商品やサービスが拡散されるだけでなく、各ユーザーのプロフィールで彼らの趣味・嗜好といったことも分かるのです。

 

 いかがでしょうか?

 あなたのビジネスがこれらの項目に当てはまれば当てはまるほど、あなたのビジネスはFacebookに向いていると言えるでしょう。

 では、実際にどうすれば、効果的にFacebook広告で集客することができるのか?

 世界的ベストセラーとなった世界一読まれているグーグルアドワーズの本の著者ペリー・マーシャルが、今度はFacebook広告の攻略法を、この書籍日本人が知らなかったFacebook広告超集客法』公開しています。

 

Facebook広告の罠

 

 もし、あなたが今までGoogleやYahoo!のPPC広告を活用して集客を行なってこられたとしたら、気をつけなければなりません。

 なぜなら、Facebookそのものが、そもそもGoogleやYahoo!とは、まったく違う性質のものだからです。

 ということは、当然そこに出す広告にも決定的な違いが生まれます。

 これは何も、広告を出稿する手順だとか、そのような小手先の話ではありません。

 もっと根本的なことです。

 

 そして、多くの日本人が、この違いを知らずにFacebookにも他のPPC広告と同じように広告を出稿してしまっているために、大きな火傷を負ってしまっています。

 逆に、この違いをしっかりと分かっていれば、あなたはFacebook広告を使って利益を生み出すことが、より簡単にできるようになるでしょう。

 

では、その違いとは?

 

 そして、どうすればFacebook広告を使ってGoogleやYahoo!よりも費用対効果の高い広告を出すことができるのか?

 

 まずは、こちらをご覧ください。

 『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』

フェイスブック集客

 

中身を読まなくてもわかる書籍の要約

前書きより

 ソーシャル・マーケティングなんてウンザリ?

 Facebookでのマーケティングに挑戦してみたものの、「成果が得られなかった」なんてことはないだろうか? 

 Twitter、ブログ、動画の投稿、ステータス・メッセージの更新を、何の収入もないまま何カ月も続けてはいないだろうか?

 ひょっとしてソーシャル・マーケティングに疲れているのでは?

 おっと、ここで落ち込まないでほしい。

 本書は「名声と富への道筋をツイートする」ものではないのだから。

 最初に断わっておくと、本書は1時間に12セントを得るためのブログ術ではない。 

 Facebookのステータス・メッセージへ投稿をして、なんとか大量のファンを獲得し、富と名声を手に入れようとするものでもない。

 「ソーシャル・マーケティング」を試し続けるうちに、 気づけば、気力を消耗し、疲れ切って、何も残っていない、なんてことになっていないだろうか?

 もしそうなら、本書を読んでほしい。

 本書は広告について、それも有料広告についての本だ。

 1クリックごとに 支払いが発生するが、結果として収入は増える。

 特に本書では、史上最強の広告プラットフォームーFacebookーに有料広告を出す方法を述べている。

 Facebookの有料広告というゲームに強くなれば、これからの人生が変わるだろう。 

 

目次

はじめに

PART1 Facebook広告超集客法基礎講座
CHAPTER 1 世界を手中にする -Facebookの動向
CHAPTER 2 Facebookはあなたに向いているか?
CHAPTER 3 Facebook広告の基本事項
CHAPTER 4 10分で25万人にアクセスする
CHAPTER 5 ハッチを閉めろ、防備を固めろ
CHAPTER 6 フロントポーチで売る
CHAPTER 7 ターゲット設定
CHAPTER 8 そのとっぴな小さな画像がすべてを決める
CHAPTER 9 時給1万ドルスキル、習得して後悔した人はいない
CHAPTER 10 隠れた心的要因に作用する力
CHAPTER 11 稼ぎのいいFacebook人類学者

PART2 Facebook広告超集客法実践編
CHAPTER 12 Facebook広告適者生存の法則
CHAPTER 13 FacebookのシークレットX:優れた入札戦略
CHAPTER 14 少ないコストでより多くのクリックを得られるCPM入札の戦略
CHAPTER 15 ランディングページ
CHAPTER 16 広告が安かろうが、知ったことか。あなたは金儲けをしているか?
CHAPTER 17 最大限の効果を得るFacebookページの「いいね!」活用法
CHAPTER 18 無料のトラフィックと無料のインプレッションと有料の広告
CHAPTER 19 マーケティングのためのレーザー誘導ミサイル
CHAPTER 20 Facebookの中につなぎとめる
CHAPTER 21 Google広告にまつわる歴史とFacebookに関する予測

PART3 Facebook広告超集客法完結編
CHAPTER 22 自分の仕事に集中する

 

著者紹介

ペリー・マーシャル

 ペイ・パー・クリック広告に関する人気ナンバー1著者

 グーグルの広告利用者10万人以上にアドバイスを行い、Google AdWords にムダに払ってきた広告費を100万ドル節約させた、文字どおりの「Google AdWords の専門家」。

 エンジニアからホワイトペーパー専門家、そして Google AdWords 専門家に転身した異色の経歴を持つ。著書に『世界一読まれているグーグルアドワーズの本』(ダイレクト出版)がある。

 

トマス・メローチェ

 米国Procuit 社創設者兼CEO

 何度も企業を立ち上げてきたシリアル起業家であり、起業家の支援なども行う。

 現在はProcuit 社で自宅学習を促進するソフトウェアを制作販売する。

 ミシガン大学でコンピュータ工学の学位を取得。

 ソフトウェア会社の立ち上げ、商用ソフトウェアの開発販売で25年以上のキャリアを持つ。

 小学生のときにドアにグリーティングカード販売するビジネスを始めて、起業家人生をスタートさせた生粋の起業家。

 


『日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法』

フェイスブック集客

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆無料Wプレゼント◆BtoB企業のための現場主義~マーケの力点&お客様を継続的に見つける法

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る