適格年金の移行問題について

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

 従業員15名以上の該当企業では、既に移行シミュレーションはされているところも多いでしょう。

 適格年金は平成14年3月末で廃止され、平成24年3月末までに他の制度に

移行する必要があります。

 他の制度に移行せずに解約すると、従業員の口座に積立額が振込まれ、一時金として課税されます。

 これを回避するため、企業及び従業員のメリット・デメリットを勘案し、適切な移行先を選択しましょう。

 ですが、適格年金の移行シミュレーションの前にしておかなければならない重要な点があるのを、ご存知でしょうか?

 移行シミュレーションは、生命保険会社や金融機関でも可能なことです。

 その前に、退職金制度の見直しなど法的な面をクリアにしておかないことには、後々、大問題に発展しかねません。

 では、どうすればよいのでしょうか?

 適格年金解決110番をご覧ください。 詳しくはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る