広告予算は順をおって増やす。

最も小予算広告で展開するなら、PPC広告とFAXDMを優先的に考えましょう。

手段をより限定させて集中していくほうが得策です。

アナログ広告であるFAXDMの費用対効果が、とてもよく、

封筒DMでも件数とコストを増やす価値があると判断できる数字なら、

封筒DMで行くというのも手です。

封筒DMならリスト件数は増やしやすいものです。

(それと封筒DMは、ミニマムで200~300件からでもテスト実施できます。)

PPC広告は待ちの広告(インバウンド的)とも言えますから、

FAXDMのようなアウトバウンドの手法も、まだまだ検証の余地があります。

メールマガジン広告もありますが、媒体広告より精読率が怪しいものが多く、

かつ広告料金も相場がなく冒険的になります。

(読者数だけでなく、発行人や記事、評判を見て判断しましょう。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆無料Wプレゼント◆BtoB企業のための現場主義~マーケの力点&お客様を継続的に見つける法

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る