被リンク効果を最大限高める方法

◆ IP分散サーバーの必要性

 多くのサイト運営者にとってSEO対策で悩みの種で大きいのに被リンク対策があります。

 内部対策がより重要となりコンテンツマーケティングにウェイトが置かれているとはいえ、被リンク対策も重要な指標なのは変わりません。

 そして、SEO上級者であればあるほど頭を悩ませている問題があります。

 それは、リンク元のIPアドレスをいかに分散させるか?という点です。

 (詳しくは下記レポートをご覧ください)。

 

 そこで具体的な方法としては、リンク元のレンタルサーバーでもIP分散サーバーというものを使います。

 クラスC以上でIPアドレスを最大1000サーバーまで分散できるレンタルサーバーです。

 (詳しくはコチラをご覧ください)。

 

◆ Googleの特許によりますと、以下とあります。

  • クラスC以下でIPアドレスが同じリンク元
  • 自サイトとクラスC以下でIPアドレスが同じリンク元

 

 このようなリンク元のリンクのスコア(効果)があるパターンでゼロ(0点)になってしまうローカル・アルゴリズムというのが、あるそうです。

 そこで、オススメの無料レポートとして、以下をご紹介致します。

『Google特許から解明されたIPアドレス分散によるリンク・アロケーションの重要性』

  このレポートを読めば、無駄な手間や時間をかけることなくリンク効果を最大限高める方法がわかります。


IPアドレス分散チェックツール

URLを貼り付けてください。(最大10件)

 

Powerd by IPアドレス分散レンタルサーバー

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆無料Wプレゼント◆BtoB企業のための現場主義~マーケの力点&お客様を継続的に見つける法

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る