大切なのが紹介する側の心理。

 
金銭やポイント目当てなのか、相手への機会提供を心から思い話しているか、の違いは大きいです。

何かしら後ろめたさが伴うときというのは、相手=マネーに見えている低レベルの場合です。
これは相手に見透かされ、どんなによい話をしても通用しない結果が多いでしょう。
そうではなく最大限、我から離れて相手のことを思い話すれば通ずることのほうが多くなります。
これらを踏まえ、価値ある情報やサービスを流通させる。

http://a-117.biz/

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆無料Wプレゼント◆BtoB企業のための現場主義~マーケの力点&お客様を継続的に見つける法

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る