売れる仕組みを創っていない企業

 
売れる仕組みを創っていない企業は、
激しく自然淘汰されていくといわれていますが、

どのように行えばいいのか、
如何に、効率的に実施するのか、は、決して甘くはありません。

しかも、大企業ならいざ知らず、大きな仕掛けを作れない、
中小企業・個人事業であれば、尚更と思うかもしれません。

・・・そこに、ワナがあるのかもしれません。

1.実は、売れる仕組みが成功するかどうかの、
 最も大きなキーポイントは、
 経営者ご自身の「情報対応能力(気構え)」なのです。

2.通常、社内部下には事業家が少ないものです。

 売れる仕組み構築を行う時、
 最も重要なのは担当する中心人物であり、
 原理・原則を踏まえられる人物でないと、
 どんな有利な条件でも成功は有り得ません。

まず経営者が、ある程度の把握・理解をしていなければ、
部下の方への伝達もうまく行かず、意識に温度差が生じてしまい、
順調な展開、さらなる拡大は困難になります。

机の上で理解しているということではなく、
真剣な理解と積極的実践の継続が大切です。

上から押し付けられたシステムへの対応で、
今までの業務とは、別のことを要求され、
戸惑っているのは現場なのです。

それではリピート顧客は集客できません。

御社の末端まで明確に、リピート顧客の重要性を理解して、
自分のものとしていくためには、
会社の舵取りの方の姿勢を提示することが、
一番、効果があります。

————————–
「もっと、ホームページのアクセスを増やしたい!」
「スピーディに売上を伸ばしたい!」
「それも小予算で・・・」 という真剣な方へ

【メルマガ広告/優良読者】

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る