ターゲット感情を捉える広告を考える際

勘違いされやすいですが、このとき、売り手に必要なのは、感情で考えることではありません。

感情にはエゴが混ざりやすいものです。エゴは見透かされ反発を買います。

広告で共感を表すには、「感情」で考えるよりも、シビアに「感性」で考えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆無料Wプレゼント◆BtoB企業のための現場主義~マーケの力点&お客様を継続的に見つける法

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る