売れる広告のための極意

初回の方限定【月一社様まで】17万円引き!
売れるご支援付き WordPressサイト
制作代行パック・最大15ページ

「極意」 ・・・ 「意を極める」と書きますね。

いやはや・・・、凄い言葉ですね。

新年早々ですし、おこがましくも、売れる広告の極意について、したためさせていただきます<(_ _)>

まず、日常の些細なところから触れていきます。

例えば、あなたはメールの冒頭に枕詞を入れる習慣、おありでしょうか?

ここで言う枕詞とは、カンタンな挨拶文のことです。
いつもお世話になります、とか、お疲れ様です、とか・・・。

「な~んだ。」と思うかもしれません。

はい。な~んだ、です(笑) ご大層そうなタイトルの割には。

お客様に対しては、必ず、丁寧に何かしら入れているでしょう。

「いつも誠に有難うございます。」等々。

では、こちらがお客様である取引先に対しては、いかがでしょう?

入れている人・省略する人、様々でしょう。

省略する人は、「こちらが金銭を支払っているのだから、気を使う必要ない。」、

「そんな数秒の時間でももったいない。」、「俺が上の立場だ。」、「年上だ。」、

「俺はスーパービジネスマンだから、効率重視!」等々、思っているかもしれません。

取引先ではないにしろ、飲食店などで、

女性のいる夜のお店でなら、「俺は即効、口説きまくりや。武勇伝も話しまくるし。」

「店の娘も、マジで、”わぁ~。超すごすぎ~。今まで、そんな人いなかった”言うてくれたし。」

という人 ・・・ 本心では確実に女性に嫌われそうですよね。

書くと、笑っちゃいそうですけど、本当にこういう人、残念ながら、巷では結構いるようです。

しまいには、「どこのお店に言っても、メルアドとか携帯番号、聞かれるんだよね。」なんて、

アホなこと、ほんまに自慢に思ったりして(笑) これは、びっくりです。

実際に、お店の娘に聴いていたら、ほんまにいるそうです。

その娘、いわく ~ 「そりゃ聞きますよ(笑) 商売だし。こっちは仕事用の別・携帯あるんだし。」

「私はしないけど、そういう人はおだてられて、カモにされやすいよねぇ・・・。」

他、コンビニのレジでお金を投げるように渡すビジネスマンとか(+o+)

そういう人でも、場面が違えば、えらい丁寧に名刺交換してくるし・・・。

「何なんだ。君は相手の立場で態度変えるんかい!」と・・・思っても言いませんけど(笑)

少なくとも、「この人のお客にはなりたくない。」と、内心で思いますよね。

また、沢山の人に会い続けていると、プライベートな場面を見ていなくても、

なんとなく、そう感じ取れるような気がしてくるし、一緒に呑みに行くと案の定だったりして、少し悲しくなる。

売れる営業マンは、自分がお金を払う時でも、常に「有難う」といえる人間です。

部下を伸ばせる上司は、部下をほめるのが習慣化されている人が多いようです。

常に、意識せずとも習慣としてです。常に、誰に対しても誠意を忘れない人です。

かつ、誠意を伝える、それが感謝(感じたことを射るように言う、と書きますね。)と分かっている人です。

弊社の経験でも取引先に対し、そうしたほうが何かとスムーズになりやすくなりましたし、

時に、予想していない優遇サービスをしてくれたこともあります。

それでは、普段の取引先とのやり取りでは、実務的なやり取りに、

イチイチ、「有難うございます。」は、大げさですし変な場合も多いかもしれません。

ですので、一言のさりげない挨拶文、です。

これも「売れる広告のための考え方」の一環ですよ。

なぜだと思いますか??

  一見、全く関係ないように見えますよね。

誰に対しても誠意を言葉として表わす習慣がなければ、良い文章も書けるわけがありません。

見込み客の前でだけ、いい顔しても、必ず、どこかで伝わります。

小手先のテクニック、即物的なマインド、これでは売れ続けません。

売れたとしても、瞬間最大風速だったり、砂上の楼閣だったり・・・。

買ったり契約するのに、そう悩まない金額や、ないと絶対に困ると分かり切っているもの、

そういうものであれば、ここまで考えずとも売れるでしょう。

(考えれば、相乗効果でもっと売れるようになります。)

しかし、そうではないもので、高額商材やサービスであれば、

尚のこと、相手は慎重になって考えますし、提供側のことを、よく見ようと目を凝らします。

そういったときに、どこかであなたが思う以上に、

相手のほうがよく見えている状態になりえます。

売れる広告なんてものは、テクニックやノウハウだけの話ではありません。

これは、DRMでのかつての大御所が、DVDでも何度も述べていることです。
(ちなみに、かつて50万円ほどで売られていた教材でした。)

弊社の経験上でも、そう実感します。

人柄は言葉でなくても、行間にも滲み出ます。
ですので、突き詰めて、行間にこだわります。

いわゆる「言霊」でしょうか、その度合い、目には見えませんが、それも重要です。

それらはデジタルなWEBサイトであろうと、メールであろうと、伝わると思います。

どんなにテクニックやノウハウを凝らそうと、それ以上に滲み出るもの・・・、

時代が変わろうと、これが一番、根強いのです。

あなたがどう思おうと、泣こうと叫ぼうと。

このレベルを磨ければ磨けるほど、テクニックにも相乗効果が出て、

上りのエスカレータ状態も夢ではなくなりますし、

低ければ、反比例しやすく、下りのエスカレータ状態になりかねません。

登っても登っても、息を切らして登っても・・・下がっていく・・・苦しすぎますよね・・・。

そのうち、底辺に辿りいて、「てぇへんだ~!」なんて叫んでいたりして(←笑うとこです(*^_^*))

巷にはテクニックやノウハウが溢れており、随分と入手しやすくなりました。

しかし、使い手によっては、悲しいかな、

どんなにテクニックやノウハウを駆使しようと、豚に真珠、ネコに小判かもしれません。

手練手管の自己満足で終わっているのですね。

営業マンでいえば、話術だけで成約が取れ続けるという、浅はかな思い込み。

そりゃ、多少は取れるでしょうが、どこまで通用するやら。

理屈で勝って、商売で負ける、では、自己満足に他なりません。

しまいには「社会の奴らが、バカなんだ。」なんて思っていたりして(悲)

低予算でも実績のでる販促ツール制作事例には、大半が、

ここまでの感覚、深いゾーンに、クライアントさんと共同で入れています。

ここまでは入れない場合は、弊社がクライアントさんからの原材料、原文を、

どこまで加工しようと、なかなか反応率が上がらない場合もあります。

ここまでは入れた場合は、仮に広告文が下手でも、なぜか売れてしまいます。

この投稿記事は、この事実を根拠に書いています。

冒頭で述べた挨拶文がどうのなどというのは、そのちょっとした意識付けの、

単なる1つの形でしかありません。

そこまでせずとも上がるのは、商品自体の切り口が卓越していて、

売り出し方の切り口も、うまく差別化出来ていて、それが分かりやすい場合です。

これらが全て揃えられると、なかなかラクです。

DRMのプロでなくても、仮に、広告内容が下手でも売れてしまいます。

更に、そのうえで習慣として誠意などが磨き続けられ、

実証済みのノウハウやテクニックをかみ合わせられると、まさに鬼に金棒となるのです。

逆に、なかなか伝わりにくい商品やサービスであれば、

より自らの習慣を見直し、底上げを意識して実践し、かつ、

テクニックやノウハウのエッセンスだけでも、自らに浸透させねばなりません。

世間は即物的なように見えるかもしれません。そうかもしれません。

ですが、商品・サービスが飽和状態と言えるほど溢れかえり、

今更、インフラ整備というまでもない位、インターネットが当たり前となり、

商品・サービスの比較検討が、誰でも容易に出来る中、

あなたの商品・サービスが、どんなに独自性があろうと独占権のある専売特許でもない限り、

類似の競合他社に、あなたにとって知らず知らずのうちに流れていくのです。

流れないように、こちらを惹かせ続けるためには、あなたまで即物的になっていては、

せっかくの素晴らしい商品・サービス、その良さも伝えきれなくなってしまいます。

★今日の極意 : 数秒でもよいから誠意を伝える習慣が、あなたを助ける。

「今日の・・・」と書いても、明日以降も頻繁に「極意」などと、

おこがましいことを頻繁に書ける勇気はありませんけど<(_ _)>

文末まで、お読みいただき有難うございました。

インスピレーションを与えていただける社会に感謝いたします。

乱筆乱文、何卒、ご容赦ください(*^_^*)

売れる広告/販促

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る