ネーミングやキャッチコピーを創るということ。

無料から活用していただける、BtoB企業専門の見込み客獲得【集客】代行

By: Freedom House

By: <a href=’http://www.flickr.com/photos/syriafreedom/7055006317/’ target=’_blank’>Freedom House</a>

 

 人や状況にもよりますが、ネーミングやコピーライティングは、その短いフレーズを生み出すまでに、どれだけのキーワードを書き出すと思います(^^)??

 


 

 売りたい商材・サービスの特徴を表す関連キーワードを、
 たくさん書き出して、それらを削りながら組み立てていくわけですね。

 こう質問すると、人によって「100とか?」、「80とか?」、「300…?」など、様々な答えがかえってきます。
 どれも間違いとは言い切れません。正解とも言い切れません。

 要は、高確率で売れれば良いのですから。
 しかし、そのためにはプロセスがあります。

 原因なくて結果はありません。

 そのキーワードの数は、1000(千)個は書き出しなさい、と、私は教わり実践してきました。(毎回とは限りません。)

 DRMの業界は、プロとアマの境界線がわかりにくい業界ですが、例えば、このあたりをするかしないか、が違いです。

 まぐれではなく、何年も高確率をだせてこそプロでしょう。

 確かに、才能というものも左右するでしょう。
 才能のある人・ない人はあります。
 ですが、それはやはり、ほんの数パーセントのことだと思います。

 才能より「センス」
 これは努力を続ければ、必ず、伸びます。

 えらそうに言うわけではありませんが、甘くはありません。
 気概と根性です。

 実は、私でも、あまりにこの辺りを甘えてしまうクライアントさんには、今までお2人ほど(しかも年上…)に対し、真剣にキツイ言葉で、どなるように話したことがありました。

 なぜ、成功事例・失敗事例に分かれるのか?
 なぜ、成功事例をマネしてもうまくいかないのか?

 マイナス面も考えることは大事ですが、必ずうまくいく・いかせるという気概からのシビアなプラス思考がなければ、高確率な販促には、まぐれ以外、至りません。

 しかし当初、これは独りでは無理かもしれません。
 私自身を振り返ると、そう思います。人は安易に流れます。
 当時、共に突き詰めていけるパートナーがいたから続けられたのだと思います。
 

  弊社は全て個別対応です。つまり、既に実践済みのよりよきパートナーとしてあり続けるべく、地道にまい進する所存です。

無料から活用していただける、BtoB企業専門の見込み客獲得【集客】代行

楽天市場のオールジャンル

カテゴリー

ページ上部へ戻る