「目の前にお客がいれば」・・・。

 
「目の前にお客がいれば、
なんとか商売は成り立つ。契約させられるね。」

こう豪語する事業主やセールスマンは、数多くいるんです。

そんな話は、そんな時代は、もう石器時代の話です。
目の前に客がいる時代は、過去の遺物なんです。
どの業界も、どの商材も、勝手に人が買いに来ることは、殆どありません。

商品やサービスは、星の数ほどあふれかえっているのに、
お客の財布のヒモは、どんどん硬くなっているんですよ。

我々は不況を相手にしているのです。

黙っていても、商品を並べているだけで、新聞折込をだすだけで、
お客が増え続けるなんていうことは、
中小・個人事業主には、殆どありません。

数少ないお客を呼ぶために、高い広告費用をかけていては、
毎回、赤字が増えるだけです。 

お客自身は、
「セールスマンに聞かなくても、
自分のほしいものや必要なものは、自分でわかる」と思っています。 

モノのない時代ならまだしも、今のお客は、
とっくにセールスマンの話を聞かなくなっています。

現在、目の前にお客がいる状況を作り出すこと自体、
セールスマンの話を聞いてみたいという人を見つけ出すこと自体、
かなり困難になっているわけです。

例えば、弁護士・会計士・税理士・社会保険労務士・・・、
などの先生と呼ばれる職業でも。 

せっかく苦労してとられた国家資格がいくらあっても、
座していてお客が集まる時代ではなくなったのが、現実なのです。

自分で集めなくては集まりません。
祈っても、瞑想をしたとしてもお客は来ませんし、
儲かりもしないのは、貴方が一番知っている事実なのです。

どの業種、どのビジネスでも、このままでは景気回復どころか、
ますます深刻な事態になっていくのではないでしょうか?

実は商売は、商品やサービスが弱くても、
お客さえいれば出来ることなんですね。

言い方を変えると、お客さえいれば、
どんな商売も成立してしまうわけです。

一番にすべきことは客を集めること。
集客を効果的に行うことだったんです。

でも「大変だ。大変だ~。」と嘆く必要はありません。
実は、集客は”科学”であり、
予測可能な、柔軟にコントロールできる、
ひとつのシステムだったのです。
 
————————————————————–
Q:「広告は、どうやって選べばいいの?」
Q:「様々な広告ツールのメリット・デメリットの実際を知りたい」
Q:「対費用効果は、どう考えればよいの?」
————————————————————–
疑問を解決するには、コチラ!!

 売上向上推進会/合同会社 実践マーケティングセンター

google_encoding = ‘euc-jp'<script type="text

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る