甘いわけが無いでしょう??

 
一般には起業しても
1500人に1人しか生き残れない、と言われているのですよ??

>>聞いたことあります??

しかし、よく言われているこの数字の根拠は、
起業して株式上場する会社の割合です。

つまり、ここでいう成功の根拠も参考になるかどうか、
自分に当てはまるのかどうかと思いますが、
1500人に1人というのは、実に、0.0006%なんですね。

・脱サラやリストラで起業したヒト⇒年間約18万人。
・1年以内の起業を目指して準備中⇒約60~70万人。
・起業希望者⇒約130万人 といわれています。

要は何が言いたいのか? ⇒ 今、どこにいるのか、ということです。

その中でも、特に、
 インターネット関連サービス業は、開廃業率および開設事業所数
 をみても、インターネット関連サービス業は、
開業率が20%超の高水準で推移。

かつ、開業率が廃業率を上回っている。
業率は、活力のある業種。

ということは、中途半端にインターネットで儲かる、という考えが
通用するのか、ということです。

これらの数字から言いたい本質は、
小難しく重箱の隅をほじくりまわすような話ではなくて、
起業家の競争は、激しくなっていく、ということです。

私などは、数字を並べ立てても、スグにはピンとこなく、
 じっーくり考えると、じわじわと見えてきます。
 その程度の頭なんですね。

ということは、どうなのか。
 数字をパッとみただけで、スグに問題の本質が見抜ける人には
勝とうと考えないのが、生き抜く術となります。

google_encoding = ‘euc-jp'<script type="text

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る