戦略のある会社と、あるようでない会社

 
戦略のある会社は、はっきりいって収益をあげるのが、そうでない会社よりも格段速く、手間が掛からない。

 ●御社の顧客は誰だろう? 
   ・・・業界によって、様々だろう。

 ●それでは、顧客ターゲットは? 
   と聞かれたら、どのように答えるだろうか? 
   明確に、お答え出来ただろうか?

「いろいろなターゲットがあるからね・・・」
 社内で、議論しても、この様な質問では、明確な顧客ターゲット
は掴めないことが殆どだ。

 ●それでは、貴方にとって、顧客ではない人(企業)は、どのよ
うな人(企業)か?

google_encoding = ‘euc-jp'<script type="text

売れる広告なら

 


 聞いた場合、どのような回答が得られるだろうか?
 要するに、付き合いたくない顧客を、明らかにするのである。

 そうすると、出て来る、出て来る・・・
 「見積もりばかりで、発注しない客」
 「店に来て、冷やかしだけの客」
 「廉価な商品しか買わない客」
 「小さなお付き合いにも関わらず、居丈高に無理難題を当たり前
のように言う客」

 まだまだ、あるだろう。一度、協議してみて欲しい。
 貴方にとって、顧客と思いたくない、上記、顧客以外の顧客が貴
方にとって、会いたい顧客ということになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る