【なぜ、私は○○したのか?】、【私が創業した理由】などの執筆にいて。

 
弊社はクライアントさんに、
[創業秘話]を書いてみることをおススメする場合がよくあります。

実際には、ヒアリングしたり、原文を書いてもらったりして、
弊社が文章を精査して仕上げていきます。

弊社でも書いていますね。
http://a-117.biz/why.shtml
これだけでも信頼してお問合せがくることもあるのです。

人間味を熱く表現するとともに、
なぜ、この仕事をしているのか整合性を示します。

よく、このような原文を書いていただいてますと、
惜しむらく・・・もったいないのは、
99%、苦労話(あとは挑戦したことと決意)だけになっている点です。

一般読み手からすると、「つきあうとしんどそう。大丈夫かな。」と
誤解される危うさもあります。

そこで・・・
うまく行った、うまく行くようになった時のお話も入れると、
もっと、良くなります。

苦労を乗り越えて、今は・・・という流れがあると、
苦労話が活きて魅力がでて、訴求力あるものとなります。

その際、なぜうまく行ったのか、にも触れてください。
うまくいった要因を認識していることも表現してください。

読み手に、「たまたま、うまく行っただけだろう。」と、
勘違いされないためです。

皆様もご存知であろう、よくあるコピーで言えば、

「私が○○をすると言った時、皆はできるわけないと笑った。
 ところが、○○がめきめき好評になりだした時・・・」

のようなイメージです。

ポイントをまとめると・・・
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 苦労話とポリシー、
 それとうまく行った事実とシンプルな分析を
 品良く、です。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

もっと言えば、苦労ばかり、苦労だけしている人には、
(信仰などをしている人や、
 慈悲を持つ修行をしている人を別にして)
ふつうは、わざわざ近づきたくありませんね。

そのご本人を存じあげていれば、
一気に何度も読み返しするのは楽しい時間でしょう。

ですが、ご本人を知らない赤の他人からすると、
「何か問題があって解決されていない。」と誤解されかねません。

ここで「今は経営者なのだから・・・。」と、
行間を読んでくれることを期待するものではありません。

これは、逆の立場(読み手)の視点になれば、
徐々にお察し出来てくると思います。(客観性)

ですので、うまく行った事実を表現することも大切なのですね。

自慢にならないかな、と思っても書いてみてください。
文章の精査と仕上げは、私がいますからご安心ください(^^)

それに経営者は、少しぐらい自慢が表面化していて良いでしょう。
1.3~1.5倍ぐらいに表現して、ちょうどいいぐらいかもしれません。

これ以上になると、
オーバートーク(準・偽装)で鼻についてくるかな、と(-_-;)

生かされている感謝や品性、思いやり、責任感など・・・を
心がけていれば、嫌味にはならないと思います。

これも演出です。

演出は、その他大勢との違いをかもしだすものです。
ここで言う演出は、他を蹴落とすこととは違います。

演出の目的は、潜在顧客への機会提供、
御社の質の良いサービスを効果的に知らしめるためです。

つまり、お客さん利益のためです。
そして、その見返り(利益)を御社に得ていただくためです。

http://a-117.biz/

売れる広告なら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも言えない。孤独、悩み、不安、辛さ、とにかく、ただ聴いて欲しい、話し相手が欲しい・・・。
そのような時、そっと寄り添い、心を込めて丁寧にあなたのお話、不安・お悩み・愚痴などを肯定的にお聴きいたします。
【秘密厳守】一人で抱え込んでいては、堂々巡りかもしれません…。
あなたの心を否定しません。お聴かせください。癒しの話し相手サービス・ほんわか倶楽部はコチラ

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る